フリーランスの将来性と成功の秘訣

フリーランスエンジニアは将来性のある働き方なのでしょうか。
結論から言えば、それは働いている人の仕事の請け負い方次第です。
では、フリーランスとして生き残っていくにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは、自分を安売りしないことです。
フリーランスになると仕事を欲しいがあまり、安請け合いをしてしまうことが多いです。
しかし、安請け合いをしてしまうと当然安い価格でしか契約ができません。
自分のスキルを信じ、自分の身の丈に合った仕事を請け負いましょう。

また、目の前の収入にとらわれず、先を見据えることも大切です。
フリーランスの仕事は長く続けていく必要があります。
そのため、長期スパンに渡ってビジネスを考慮する必要があるのです。
目先の収入が欲しいからといって安価な案件ばかりに手を出していると、増収は見込めないでしょう。

なお、確実な収入源を確保するアクションも大切です。
例えばプログラミングのプロジェクトに参加するとしても、アフターサービスやメンテナンスが発生する案件があったとすれば、継続的な収入が見込めます。
このような案件を保有することで、安定的な収入に結びつくでしょう。

フリーランスとして働き続けるには、志も大切です。
フリーランスとして働いている人の多くは、かつてサラリーマンとして働いていた経験があるはずです。
安定したサラリーを投げ打ってまで高収入を目指した時の気持ちを忘れないようにしましょう。
そのことを思い出すことにより、新たなバイタリティーが生まれるはずです。

More Posts