経費の削減より活用が大事

経費削減という考え方が世の中に広まった影響で、フリーランスの仕事を始める際もいかにして経費をかけないようにして働くかを考えてしまうことがよくあります。
企業では経費削減によって事業利益を拡大しようと考えることが多く、社員に対して徹底した経費の節約を求めることも増えてきました。
ただ、エンジニアがフリーランスで働く場合、その考え方が必ずしもベストであるとは言えません。
経費削減を目指すよりも、むしろ経費を活用する方が利益を増やすことにつながる場合が多いです。

フリーランスエンジニアにとって時間は貴重なもので、余力があるならさらにもう一つ案件を請け負うこともできます。
請け負った業務を予定よりも早く終わらせられればクライアントからの評価も高くなって追加報酬を得られたり、次の案件での待遇が高くなることもあります。
そのため、フリーランスエンジニアにとって、いかにして自分が仕事に集中できる時間を長く確保するかが重要なポイントになります。

経費をかけまいとすると、その分だけ時間や労力を使わなければならないのが一般的です。
設備を一つ購入するだけで能率が上がるのに、経費が勿体無いからと言ってやめてしまうと、クライアントの求めに応えるのが難しくなる場合もあるでしょう。
そのため積極的に経費を活用して業務の効率化を図り、クライアントの期待以上の仕事をできるようにすることが大事です。
また、不要な雑務を極力減らせば、時間も確保しやすくなります。

このようにして実績を上げやすくすることが、フリーランスの将来性を確保することにもつながるでしょう。

More Posts