業務バランスを整える工夫

企業で働いているエンジニアは、技術職として専門的な業務に特化して働けるようになっているのが一般的です。
業務時間の大半は、システム開発や技術営業といったエンジニアだからこそできる業務に集中できます。
しかしフリーランスになると、エンジニアとしての専門業務よりもフリーランスを続けていく上で必要になる周辺業務の比重が大きくなるケースも少なくありません。
例え実際に費やした時間は専門業務の方が多かったとしても、体感的に周辺業務の負担の方が大きいと感じているエンジニアも多いようです。

フリーランスになると、企業では専門職が担当していた様々な業務もこなさなければなりません。
個人事業主として得た利益について税金を納めなければならないので、税務の仕事が発生します。
それを適切な形で行えるよう、日常的に経理業務も行う必要があります。

また、フリーランスエンジニアは仕事を自ら獲得しなければならないため、営業業務も必須です。
こうした周辺業務も一人でこなそうとすると、専門業務に費やせる時間がほとんどなくなってしまう日もあります。
ただ専門業務をこなさなければ生産性がなく、報酬を手に入れることはできません。

いかにして工夫するかを考え、周辺業務については代行を依頼して負担を軽減している人も増えています。
士業を営んでいる人に任せたり、従業員をアルバイトなどで雇ったりすると、上手に対応できるようになるでしょう。

More Posts